menu

世界中から集まる留学生とともに現地で学び、グローバルな感覚を養う。

英国留学制度
United Kingdom Study Program

英語教育を取り巻く情勢は、急速に国際化・情報化の方向に進んでおり、英語教員になるにも高度な英語力が要求されています。こうした情勢に対応すべく、英語文化系コース2年次生を対象とした私費による短期留学研修を、英国を代表する2つの大学で実施しています。1991年に始まった本研修には、延べ600名以上の教英生(教育学部英語文化系コース所属学生)が参加しています。なお、本研修では、留学先での成績が広島大学の単位として認定される「単位互換制度」が整っているために、大学卒業時が遅れることもありません。

point1

留学しても4年間で
卒業することができる

point2

留学先の授業単位を
広島大学の授業単位に
互換できる

point3

留学先・帰国日を
自分で選択できる

point4

長年の経験と実績で
全力サポート

単位互換科目

4月から7月の15週間となります。一週間につき10コマ(1コマは90分)程度の授業を履修します。授業は広島大学で同時期に開設されている以下の科目の単位として、帰国後に認定されます。加えて、単位互換の対象とはなりませんが、英語教育法の科目も履修します。

英語発音演習(専門教育科目) / 英語圏エリアスタディⅠ(専門教育科目) / 英語圏エリアスタディⅡ(専門教育科目) / 英語ボキャブラリー
演習(専門教育科目)/ 英語教育文法入門(専門教育科目) / イギリス文学史講義A(専門教育科目) / イギリス文学史講義B(専門教育科
目) / コミュニケーションⅢA(教養教育科目) / 英米文化事情概論Ⅲ(教養教育科目)

留学先の大学のご紹介

「エディンバラ大学」と「ウォリック大学」から留学先を選べます
また帰国日は自分で決定できるので、帰国時には色々な国を旅行出来ます。

エディンバラ大学 University of Edinburgh

エディンバラ大学(The University of Edinburgh)は、イギリスのAncient Universityと呼ばれる6大学の中の1校で、長い歴史と伝統を誇るイギリス屈指の名門大学です。美しい世界遺産都市の中心に位置し、400年の歴史を誇るキャンパスで展開されている、高水準の教育と研究活動は、世界中の優秀な学生の注目を集めています。

授業について
Class
エディンバラ大学での授業は、他国の留学生と一緒に受ける授業と教英の学生だけで受ける授業があります。Academic English という授業は、全ての留学生がレベル別に分けられるので教英の仲間でクラスが分かれます。中国やサウジアラビア、スペイン、カザフスタンなどさまざまな国からの留学生がクラスに入ります。周りの留学生はとても積極的で日本人だけで受ける授業とはかなり違う雰囲気の中で学ぶことができ、とても良い刺激になります。また、このクラスで出会った友達とは休み時間や休日を一緒に過ごしたり、帰国後も連絡を取り合ったりしている人も多くいます。教英の学生だけで受ける授業は、言語学や文学、英語教育法などさまざまなものがあります。全ての授業を通してエッセイやプレゼンテーションなどの課題が課せられ、英語力に磨きをかけることができます。また、授業の一環として、劇場を訪れて英語劇を鑑賞します。
留学期間について
Period
15週間(4月~7月)
費用について
Cost

164万円

■授業料+ホームステイ費用:約1,030,000円(£6,880)(※1)
■航空運賃:約300,000円(※1)
■保険金:約45,000円
■広島大学の前期授業料:約27万円(※2)
■その他:留学先でのバスの定期券(約2万円)、週末の食費など生活費(約15万円)(※3)

※1:£1=149.39円で計算:留学費用は年度によって異なります。(平成30年度の場合)
※2:エディンバラ大学で取った授業単位を広島大学の授業単位に互換するために必要になります。この留学プログラムに参加しても4年間で卒業することができます。
※3:旅行用にレイルパス(種類や期間によって値段が変わります)を購入する人もいます。

生活について
Life
留学中の生活はホームステイになるので、ホストファミリーと食事しながら英語でコミュニケーションを取ることができます。また、スコットランドの首都であるエディンバラの街並みは世界遺産に登録されているほど美しく、歩き回るのはとても楽しいです。お店や施設も充実しており、生活に不便はありません。放課後や休日は自由に使うことができるので、ジムで運動をしたり、買い物をしたり、旅行をしたりといろいろな楽しみ方があります。
コース終了後の旅行
Trip After the Program
帰国日は自分で決めることができるので、コース終了後の夏休みは友達と旅行をしてから帰国する人が多いです。イギリス国内を旅行する人や、ヨーロッパ内のいろいろな国を周る人がいます。自分たちでリサーチをして計画を立て、ホテル、飛行機、電車などを予約するのでとても良い経験になります。
ウォリック大学 University of Warwick

イギリスの研究型大学群「ラッセル・グループ(Russell Group)」のメンバー校です。29の学部と50以上の研究センターで構成され、大学ランキングでも常に上位にランクインするイギリス有数の名門校です。

授業について
Class
他大学のメンバーと一緒に文法や発音、ディスカッション、プレゼンテーションなどの基礎的な英語力を養います。同時に、週に2回、教英生だけのクラスがあり、英語教育や文学について学習します。英語教育の授業では、実際に授業計画を作って模擬授業を行います。加えて、週に2回、近くの小学校を訪問し、現地の子どもたちに日本文化の授業を行います。また、授業の一環としてcultural tripがあり、Warwick Castle、Oxford、Stratford-upon-Avonへ行きます。
留学期間について
Period
15週間(4月~7月)
費用について
Cost

178万円

■授業料+ホームステイ費用:約1,213,000円(£8,145)(※1)
■航空運賃:約250,000円(※1)
■保険金:約45,000円
■広島大学の前期授業料:約27万円(※2)
■その他:留学先でのバスの定期券(約2万円)、週末の食費など生活費(約15万円)(※3)

※1:※£1=148.87円で計算:留学費用は年度によって異なります。(平成28年度の場合)
※2:ウォリック大学で取った授業単位を広島大学の授業単位に互換するために必要になります。この留学プログラムに参加しても4年間で卒業することができます。
※3:旅行用にレイルパス(種類や期間によって値段が変わります)を購入する人もいます。
ウォリック大学は、同じ年度のエディンバラ大学よりも費用(授業料+ホームステイ費用)が£1,000(約15万円)ほど高い傾向があります。また、平成29年度より同大学へ12名以上の参加がある場合のみ実施される形になりました。ここ数年は、このような事情からウォリック大学への学生派遣は実施されていません。

生活について
Life
ホストファミリーは快く迎えてくださるので、日々非常に楽しい会話を楽しむことができます。ルームメイトがいる場合は、その人と一緒にランニングをしたり、買い物をしたり、夜遅くまでお互いの国や文化について話したりと実りある日々を送ることが出来ます。大学自体が1つの町のようになっており、様々な施設があります。また、Coventryという都市も近いため、買い物などにも苦労しません。さらに、大都市Birminghamへも電車ですぐに行くことができます。
コース終了後の旅行
Trip After the Program
授業期間中の週末には、授業の中でできた他国の友達と旅行をする人もいます。また、コース終了後の夏休みは友達と旅行をしてから帰国する人が多いです。イギリス国内を旅行する人や、ヨーロッパ内の様々な国を周る人がいます。いろいろな場所を訪れてよい思い出を作ることができます。

実績・歴史

回数 年度 Edinburgh大学 Warwick大学 Lancaster大学 留学人数合計
第27回 2017年(平成29年)度 11名 0名(※1) 11名
第26回 2016年(平成28年)度 13名 2名 15名
第25回 2015年(平成27年)度 9名 0名 9名
第24回 2014年(平成26年)度 7名 15名 22名
第23回 2013年(平成25年)度 18名 0名 18名
第22回 2012年(平成24年)度 15名 8名 23名
第21回 2011年(平成23年)度 13名 10名 23名
第20回 2010年(平成22年)度 16名 9名 25名
第19回 2009年(平成21年)度 11名 12名 23名
第18回 2008年(平成20年)度 15名 9名 24名
第17回 2007年(平成19年)度 16名 11名 27名
第16回 2006年(平成18年)度 14名 8名 22名
第15回 2005年(平成17年)度 15名 11名 26名
第14回 2004年(平成16年)度 15名 10名 25名
第13回 2003年(平成15年)度 12名 12名 24名
第12回 2002年(平成14年)度 16名 11名 中止 27名
第11回 2001年(平成13年)度 12名 8名 6名 26名
第10回 2000年(平成12年)度 12名 7名 9名 28名:全員留学
第9回 1999年(平成11年)度 10名 7名 6名 23名
第8回 1998年(平成10年)度 12名 9名 8名 29名
第7回 1997年(平成9年)度 12名 8名 8名 28名
第6回 1996年(平成8年)度 12名 9名 6名 27名
第5回 1995年(平成7年)度 15名 10名 25名
第4回 1994年(平成6年)度 12名 6名 18名
第3回 1993年(平成5年)度 11名 11名
第2回 1992年(平成4年)度 13名 13名
第1回 1991年(平成3年)度 16名 16名

※1:Warwick大学への参加者が12名を超える場合のみ実施する形に変更。
近年は、広島大学全学部対象の他の留学プログラムに参加する人が増えているため、参加人数が減少傾向にあります。