menu
准教授

兼重 昇
Noboru KANESHIGE

「体験的理解」を大切にするようにしています。何でもやってみること経験してみることがモットーです。「百聞は一見にしかず!」人の意見に流されないよう、一方で偏った思い込みをしないように心がけるようにしていますが、もしそんな様子を見かけたら、肩をたたいてやってください。
研究テーマResearch Interests
英語授業研究、教育評価、小学校英語教育
教室環境における研究及び授業のあり方、評価について研究しています。

担当授業Current Teaching

学部
■ 英語教育学概論I ■ 英語教育評価論 ■ 英語教育研究法 ■ 教職実践演習(中・高) ■ 英語教育学研究 ■ 卒業論文

博士課程前期(修士課程)
■ 教科教育学の実践的検証 ■ 教科教育学の実践的展開 ■ 英語教育学特講IV(評価領域) ■ 英語教育学演習IV(評価開発) ■ 英語教育学特別研究IV(評価領域)

研究上のモットーResearch Motto

英語科教育の独自性を追求することだけにはこだわらず、教科横断的、総合的視点から英語の授業内容や方法を考えるようにしています。

ゼミ指導上のポリシーThesis Supervision Policy

基本的に「自主的」な学習を尊重し、自主的な課題解決をサポートします。
できるだけ様々な学校訪問の機会を提供し、実際に教員や学習者との交流を通して、色々な経験をしてもらいたいと考えています。

指導テーマのキーワードKeywords of Supervision Interests

英語授業、指導とその効果、授業内外の相互作用、インタラクション、早期英語教育、音声指導、文字指導など

大学院進学希望者に求めたいことExpectations for Postgraduate Candidates

大学院での論文講読や論文作成に必要な英語運用力能力
国際学会で発表しようという意欲と行動力
そして、批判的思考への試み

大学院進学希望者へのメッセージMessage for Postgraduate Candidates

大学院生は、同じ研究者として、共に学び問題解決をしていきましょう。
また、後輩、学部生の指導などもできるような人材になりましょう。

推薦図書Recommended Books

○『言葉の習得 母語獲得と第二言語習得』 鈴木孝明・白畑知彦 くろしお出版
○『英語習得の「常識」「非常識」第二言語習得研究からの検証』 白畑知彦編著 大修館書店
○『英語教育研究リサーチ・デザインシリーズ①—⑧』(学習文法論、英語教師論、英語リーディング論、英語ライティング論、英語リスニング論、英語スピーキング論、英語語彙習得論、英語教育評価論)発行:河源社 発売:桐原書店
○『英語授業ライブラリー1—4』 教育出版

おまけ
○『人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法』水野敬也、長沼直樹 文響社
○『悩んだときに元気が出るスヌーピー』 (及びこのシリーズ)チャールズ M. シュルツ (著) 祥伝社新書

関連するWEBサイトRelated Websites

事前相談Contact Details

電話:082-424-6793

MAIL:kanesige@hiroshima-u.ac.jp